硫黄島と007
暮れと正月は話題の硫黄島からの手紙と007 カジノ・ロワイヤルを見てきました。


c0054082_22303210.jpg硫黄島からの手紙は、さすがクリント・イーストウッド監督やってくれました。変な日本人も出演しないし、外国人が日本の映画を作ると、日本人こんなことしないよなぁ〜と思う場面が沢山ありますが、全然違和感がなく素直に感動しました。『父親たちの星条旗』と映画のスタイルが違うので、同じ監督が作った感じがしませんよ。
c0054082_22305055.jpg007はカッコ良かったです。6代目ジェームズ・ボンドに選ばれたダニエル・クレイグ、顔は好みがありますが肉体はすごく鍛えられていているので、アクションが見応えありました。今までの007のストーリーとはだいぶ違った感じで、スマートなボンドではなく、ワイルドで完璧ではないボンドでした。見所は拷問のシーン、凄いです。私ならすぐ暗証番号教えます。


阿佐ヶ谷 美容室LA FOULE のHP は、こちら>>
c0054082_13588100.gif

[PR]
by lafoule | 2007-01-15 23:30 | ◆映画
<< 安記(中華) れすとらん マツモト(フランス料理) >>