ミュンヘン
先週、スティーブン・スピルバーグ監督最新作、ミュンヘンを見に行ってきました。
c0054082_19599100.jpg

実際にあった話で、1972年西ドイツで開かれたミュンヘンオリンピックの選手村でパレスチナ・ゲリラが、敵対するイスラエル選手団を殺害した事から話が始まります。
11人の選手が殺害され、イスラエル首相が暗殺チームを編成を指令。アラブのテロ関係者11人を暗殺するチーム5人が選ばれ、その5人の運命を描く話です。
主役のエリック・バナ(アフナー)は、これまで人を殺した事が無かったのに暗殺チームのリーダーに選ばれ、殺し合いを繰り返すむなしさに、悩んでいる演技がすごく重かったです。
私はこの事件を知らないので、全然知識がないまま見ました。宗教上の問題は、平和な日本で育った私にはよく分かりませんが、イスラエルとパレスチナの問題は、映画を見ただけでは、なかなか解らないと思います。

HAIRMAKE LA FOULE 美容室のHP は、こちらをクリック
c0054082_13588100.gif

[PR]
by lafoule | 2006-02-11 21:33 | ◆映画
<< ジャン=ポール・エヴァン(JE... 潮州〈南阿佐ヶ谷〉 >>